『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第349号(2014年11月17日特別号)

『NEWSを疑え!』第349号(2014年11月17日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・世界最大の太陽熱発電所がピンチ
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・自衛隊音楽隊の知られざる任務(小川和久)

◎テクノ・アイ(Techno Eye):

・世界最大の太陽熱発電所がピンチ

(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)

 米国南西部に建設された世界最大の太陽熱発電所が、発電量の不足によって大赤字となり、出資したグーグルなどの企業は、米エネルギー省に借りた建設費を返済するため、巨額の補助金を米政府に申請する結果に陥った。米議会共和党はもともと、再生可能エネルギーへの公共投資に消極的で、出資企業の損失を米政府が補填することには強硬な反対が予想され、争点化することは避けられそうにない。

 イヴァンパー太陽熱発電所は、ラスベガスの64キロ南西、カリフォルニア州のモハベ砂漠で2010年10月に着工され、14年2月に開業した。タワー式太陽熱発電所という方式で、太陽を追尾する平面鏡17万3500枚が3基のタワー上の集熱器に太陽光を集中し、そこで加熱した水をタワーの下で蒸発させて蒸気タービンを回す。


イヴァンパー太陽熱発電所
(写真はいずれも米エネルギー省サイト)

 ピーク時の発電能力でみると、イヴァンパー(392メガワット)は世界最大の太陽熱発電所である。イヴァンパーを除いて、世界の100メガワット以上の太陽熱発電所16カ所はどれも、細長い曲面鏡の焦点に設置されたパイプに太陽光を集中し、パイプ内を流れる液体を加熱し、その熱で蒸気タービンを回す、トラフ式太陽熱発電所である。