『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第384号(2015年4月2日号)

『NEWSを疑え!』第384号(2015年4月2日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆PKO派遣自衛隊の武器の線引き
◆キーワードはRCT
◆Aタイプ、Bタイプとは
◆「矛」の性格の武器は持たないという思想
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・休戦を口にする「イスラム国」の真意
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・イエメン介入で米国を手玉に取るサウジ(西恭之)
◎編集後記
・NHK『NW9』・河野キャスターのこと

◎編集後記

・NHK『NW9』・河野キャスターのこと

 NHKの夜の報道番組『ニュースウォッチ9(NW9)』のキャスターに、報道局国際部長だった河野憲治さんが登板することになりました。

 いささか個人的に知っている人で、実力と人柄を高く評価してきましたので、それが番組に反映されるよう期待しているところです。

 河野さんと出会ったのは1988年11月22日、那覇のパレス・オン・ザ・ヒル(現在の那覇テラス)で開かれた沖縄タイムス主催の政経懇話会で講演したときのことです。

 その日のことを覚えているのは、ひとつには講演前の午前中の時間帯に自衛隊沖縄地方連絡本部(現在の地方協力本部)を訪ね、自衛隊生徒の同期生にあたる坂口清2等空佐にセットしてもらい、本部長の菊池勝夫陸将補を表敬したこと、午後9時頃に帰宅したら、発注していたBMW320iが納車されていたこと、などが重なっていたからでしょう。

 1962年生まれの河野さんは当時、京都大学文学部を卒業してNHKに入局して3年目。初任地の那覇放送局で勤務していました。

(小川和久)