『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第397号(2015年5月21日号)

『NEWSを疑え!』第397号(2015年5月21日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆「地政学リスク」という流行り言葉
◆「地政学」とは
◆戦前の日本と大陸系地政学
◆海洋地政学と日米同盟
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・米国自治体の原子力艦事故対策を参考にせよ
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・海兵隊独自に事故損害額を引き上げたというのは誤報だ(西恭之)
◎編集後記
・オスプレイはハードランディング

◎編集後記

・オスプレイはハードランディング

 5月18日(現地時間17日)ハワイで米国海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗し、残念なことに乗っていた海兵隊員22人のうち1人が死亡、21人が病院に搬送されました。

 防衛省高官は「タイミングが悪い」と言ったそうですが、東京都・横田基地への空軍のCV22オスプレイ10機の配備が発表され、安全性に懸念が高まっている最中ですから、横田基地や自衛隊が17機の配備を検討している佐賀空港の地元だけでなく、普天間基地の辺野古移設に反対する県民大会が行われた沖縄では、オスプレイ配備の撤回を求める声さえ出ることとなりました。

 私も、5月18日号の編集後記(「メディアは、オスプレイの重大事故を個別に検証せよ」)に慌てて事故の情報を追加したあと、テレビ朝日「報道ステーション」などメディアの取材に応じた訳ですが、メディアがほとんど伝えず、私のコメントにしても一部分を放映するだけで終わってしまった事故の実相について、以下、ご説明しておきたいと思います。

(小川和久)