『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第403号(2015年6月11日号)

『NEWSを疑え!』第403号(2015年6月11日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆戦後70年談話で謝罪外交に決別する
◆スピーチライターは「殊勲甲」
◆慰安婦問題を転じて誇りを取り戻す
◆戦没者追悼は憲法との整合性が要件
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・米政府職員の個人情報が大量流出
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・自撮り写真で空爆された「イスラム国」(西恭之)
◎編集後記
・嗚呼!沖縄天動説

◎編集後記

・嗚呼!沖縄天動説

 沖縄から新聞記事が送られてきました。

 6日に宮古島市で開かれた宮古島への自衛隊配備に反対する会合で、沖縄国際大学教授の前泊博盛氏(元琉球新報論説委員長)が講演で次のような発言をしたそうです。

 発言「自衛隊の基地は攻撃の標的になる」

 発言「(沖縄に集中する米軍基地については)日本中が受け入れないからであり、その理由は簡単。基地が来れば攻撃の対象となり、敵の攻撃を引きつけるから。第2次大戦で長崎、広島になぜ原爆が落とされたか、その理由は軍需産業が集中していたことが理由」

(小川和久)