『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第408号(2015年6月29日特別号)

『NEWSを疑え!』第408号(2015年6月29日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米軍のレーザー爆発物処理装置の威力
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・まだ言い逃れようとしている朝日新聞(小川和久)

◎編集後記

・まだ言い逃れようとしている朝日新聞

 6月25日の自民党の若手・中堅議員の勉強会における作家・百田尚樹氏の発言が大きな波紋を広げていますが、いまひとつ新聞に関する大きな動きがありました。昨年6月15日付け1面トップの集団的自衛権に関する誤報について、朝日新聞側から27日付けの紙面でひとつの「釈明」が行われたのです。

 記事は朝日新聞のパブリックエディターの一人・小島慶子さん(タレント、エッセイスト)の署名原稿で、オピニオン面(16面)の下側に「(パブリックエディターから)安保、正確な情報の提示を」という見出しのもとに掲載されました。

 あまりにも下の方にあったもので、日本報道検証機構(Gohoo)の楊井人文代表からの連絡で初めて気づいたくらいでした。朝日としても、目立つ場所に掲載するのには社内的な抵抗があったり、気が引けたのかもしれません。

(小川和久)