『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第428号(2015年9月14日特別号)

『NEWSを疑え!』第428号(2015年9月14日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米国の潜水艦建造が安上がりになった秘密
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・映画『カリフォルニア・ダウン』(小川和久)

◎テクノ・アイ(Techno Eye)・米国の潜水艦建造が安上がりになった秘密

 米海軍の攻撃型原潜54隻は、あらゆる種類の艦艇を攻撃する能力によって、敵対的な国の海軍の行動を抑止するだけでなく、自らの対潜水艦戦(ASW)能力によって、米国艦船による海洋の自由使用を可能としている。これらの原潜に太刀打ちできるASW能力をもつ国は存在しない。中国海軍にしても、巨額の投資を必要とするASW能力は後回しにしてきたので、最大の弱点となっている。

 したがって、米国の潜水艦戦力にとって最大の脅威は、社会の高齢化に伴う社会保障支出が赤字財政を圧迫し、海軍の艦艇建造予算が削減される可能性である。

 米海軍によると、攻撃型原潜の数が48隻を長期間下回ると、世界の各地域の米軍を管轄する統合軍の要求を全て満たすことができなくなる。今後30年間の米海軍の計画では、ロサンゼルス級の退役が続くこともあって、2025-36年度と2038-41年度は攻撃型原潜の数が48隻を下回り、もっとも少ない2029年には41隻となる。



(小川和久)