『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第436号(2015年10月19日特別号)

『NEWSを疑え!』第436号(2015年10月19日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・成層圏を飛ぶ中国の飛行船の軍事的意義
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・マスコミの「使わない自由」には兵糧攻めしかない?(小川和久)

◇◆ マスコミの「使わない自由」には兵糧攻めしかない?

 この1日に金沢で開かれたマスコミ倫理懇談会(新聞・放送・出版など120社が参加)の席上、講演者の私に対して琉球新報の松元剛氏(編集局次長兼報道本部長)が「百田発言」を例に出して、報道の自由について問いかけてきました。

 百田発言とは、6月25日に開かれた自民党の文化芸術懇話会の第1回会合で、講師に招かれた作家の百田尚樹氏が「沖縄の2紙をつぶさなあかん」と発言し、物議を醸した一件です。

 百田氏によれば、出席者から「沖縄の人やメディアの意識は厄介だ」と問われ、「厄介やなあ、(沖縄の2紙は)つぶさんとなあ」と冗談めかして答え、笑いが起きたものだったとのことですが、それをドア越しに聞いた記者によって報道されるに至ったようです。



(小川和久)