『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第440号(2015年11月2日特別号)

『NEWSを疑え!』第440号(2015年11月2日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米海兵隊の次期大型輸送ヘリが初飛行
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・朝鮮語ができないのに北朝鮮に潜入?(小川和久)

◇◆ 米海兵隊の次期大型輸送ヘリが初飛行

 米海兵隊の次期大型輸送ヘリコプターCH-53Kキングスタリオンが、10月27日、米フロリダ州ウェストパームビーチのシコルスキー・エアクラフト社施設で30分間の初飛行に成功した。今後は試作機4機で合計2000時間の飛行試験を行い、初期低率生産の国防総省による認可をめざす。


CH-53Kヘリの初飛行(シコルスキー・エアクラフト社
@Sikorski 10月27日)

 米海兵隊の主な作戦構想は「シーベーシング」と呼ばれ、地上部隊を海上の艦船に搭載し、敵に決定的な打撃を与えられる地点へ輸送し、補給基地も海上の艦船に置く、海からの作戦機動である。重量物を運ぶCH-53Kと、主に兵員を運ぶMV-22オスプレイ輸送機は、そのために開発されている。



(小川和久)