『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

遺伝子組換え作物で温室効果ガスを抑制『NEWSを疑え!』

『NEWSを疑え!』第449号(2015年12月7日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・遺伝子組換え作物で温室効果ガスを抑制
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・戦争でメシを食っている!?(小川和久)

◇◆ 遺伝子組換え作物で温室効果ガスを抑制

 地球温暖化の元凶とされるメタンの発生を、遺伝子組換えによってほぼゼロに抑え込むことに成功した稲が開発され、世界的な注目を集めている。

 学術誌『ネイチャー』7月30日号は、中国・福建省農業科学院、スウェーデン農業科学大学、中国・湖南農業大学、米エネルギー省パシフィック・ノースウエスト国立研究所に所属する生物学者のチームによる論文「オオムギの転写因子SUSIBA2の発現によるイネのデンプン増加とメタン発生減少」を掲載した。[1]

 1750年以後の地球温暖化の20パーセントは、二酸化炭素の30倍以上強力な温暖化ガスであるメタンの効果だが、大気中メタンの7‐17パーセントは水田から発生している。水田の泥の中は酸素が乏しいうえに、イネの根から有機化合物が染み出ているので、メタン菌がメタンを合成するのに適しているからだ。



(小川和久)