『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

ズムウォルト級駆逐艦は特殊任務に投入される

『NEWSを疑え!』第493号(2016年5月30日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・ズムウォルト級駆逐艦は特殊任務に投入される
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・オバマの広島訪問は中韓を「和解できる国」に変えられるか?(小川和久)

◇◆ ズムウォルト級駆逐艦は特殊任務に投入される

 米海軍は5月20日、新型駆逐艦「ズムウォルト」が試運転に合格したとして、ジェネラル・ダイナミクス社バス鉄工所(メイン州)から受領した。「ズムウォルト」は10月に就役した後、サンディエゴへ配備される予定となっている。

 もともとズムウォルト級駆逐艦は、海兵隊の上陸作戦の火力支援を目的に開発されたが、米海軍の建艦計画の変更により、レーダーに映りにくいステルス性を活かした特殊部隊の輸送と情報収集を重要な任務とすることになりそうだ。

 ズムウォルト級の外見で特徴的なのは、喫水線より上の舷側が船体内向きに傾斜したタンブルホーム船型、内向きに傾斜した平面からなる上部構造物、その前方の2基の155ミリ先進砲システム(AGS)だ。



(小川和久)