『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

中国にある世界最大の模造銃メーカー

『NEWSを疑え!』第507号(2016年7月21日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 中国にある世界最大の模造銃メーカー
◆ 前身は人民解放軍の兵器工廠
◆ 主に陸戦用兵器を製造、輸出も熱心
◆ M-16の民間版もコピーして輸出
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ フランス国会が警告していたテロ対策の穴
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 兵器共同開発が進むロシア、インド、イスラエル(西恭之)
◎編集後記
・ クーデター?…戦車の数でわかったこと

◇◆ 中国にある世界最大の模造銃メーカー

Q:メルマガ第504号〈「武装する権利」を持つ米国民〉の回(2016年7月7日号)で、アメリカでは、大量殺人につながりかねない半自動小銃や軍用小火器に準じた武器が流通している、という話がありました。そこで思い出すのが、中国最大の兵器製造会社ノリンコ(中国北方工業公司)です。この会社は、各国の小銃などのコピー製品を盛んに造って、海外に出しているでしょう?

小川:「そうです。思い出されるのは、2016年6月12日未明に米フロリダ州オーランドの同性愛者が集まるナイトクラブで起きた事件です。この重武装した男が銃を乱射して50人(突入した特殊部隊が射殺した男を含む)が死亡、53人が負傷したアメリカ史上最悪の銃乱射事件では、使われた銃をめぐって情報が錯綜しました」

事件直後、オーランド市警察本部長は、犯人が拳銃と『AR-15と同タイプのアサルトライフル(突撃銃)』を使った、と述べたのです。ところが、13日朝には同市警が、犯人が使ったライフルは『SIG(シグ)MCXという半自動小銃』だった、と訂正しました。以上の経緯は、メルマガ第499号〈テクノ・アイ フロリダ銃撃テロ報道に見る米国メディアのレベル〉と題した西恭之・静岡県立大学グローバル地域センター特任助教の論考を参照してください」



(小川和久)