『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

知っていますか、準弾道ミサイルのこと – 『NEWSを疑え!』第598号(2017年7月3日特別号)

『NEWSを疑え!』第596号(2017年6月26日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・知っていますか、準弾道ミサイルのこと
◎編集後記
・香港に五星紅旗は似合うかな?(小川和久)

◇◆ インドが「相乗り衛星」市場をリードする

 イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI)は6月20日、対地ミサイルLORAを、貨物船の甲板上のトレーラーに載せたコンテナ型発射機から試射し、陸上の目標に命中させたと発表した。LORA(「長距離砲兵兵器システム」の英語の略語)は、ロケットで上昇・加速する一方、低い弾道によって防空レーダーから身を隠し、一般的な弾道ミサイルよりも精密に誘導される、準弾道ミサイルである。

準弾道ミサイル(semi-ballistic missile)は、米陸軍がATACMS(陸軍戦術ミサイルシステム)の特徴を説明するのに使っている表現で、米軍以外ではquasi-ballistic missileという英語も用いられている。

 準弾道ミサイルは、1980年代以後、米国、旧ソ連・ロシア、フランス、イスラエルが開発している。ただし、フランスは1996年に地対地ミサイルを廃止し、その後は輸出用の開発もしていない。



(小川和久)