『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

尋常ではない海上自衛隊という海軍 -『NEWSを疑え!』第599号(2017年7月6日号)

『NEWSを疑え!』第599号(2017年7月6日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 尋常ではない海上自衛隊という海軍
◆ 海上自衛隊の「戦力」
◆ ASWと掃海能力だけは世界有数
◆ いずもにF-35Bを積んで可能なこと
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ エネルギー政策でトランプ政権が方向転換
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 謎が残る北朝鮮のICBM「火星14」(西恭之)
◎編集後記
・ 北朝鮮は「理性的」を強調

◇◆尋常ではない海上自衛隊という海軍

Q:前々回メルマガではアメリカの空母打撃群についてうかがいました。日本の海上自衛隊は最近も、朝鮮半島に近づいた米空母と日本海で演習をおこなっています。その海上自衛隊を、小川さんは「『単能海軍』と呼んでよいほど、単一の機能が突出しています。それは対潜水艦戦(ASW)能力で、その部分こそ世界トップクラスですが、それ以外の能力は備わっていないに等しい」と語っています(新潮文庫『日本の戦争力』)。改めてその話を聞いておきたいのですが。

小川:「そうですね。ネットで海上自衛隊に関して議論されているのを見ると、海自はアメリカやイギリスの海軍と同じ『戦力構造』の軍事力だ、ということを前提として語られることが少なくありません。規模が小さかったり、本格的な空母は持たなかったりしても、基本的には同じような海軍だ、と考えている人が多いのです。乙武洋匡さんの著書に『五体不満足』というタイトルのものがありましたが、それにたとえれば自衛隊全体も、そして海上自衛隊も『五体満足』ではない軍事組織なのです」

「しかし、私が以前からお話ししてきたように、海上自衛隊は、アメリカ海軍のように均整のとれた総合力を備えた海軍とはいえず、特定の能力だけが突出した、非常に特異な海軍です。そのことを日本人は、自分たちの税金で自衛隊を維持している納税者として、知っておく必要があります」



(小川和久)