『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

宗谷が初めて南極に行った頃 -『NEWSを疑え!』第1016号(2021年12月23日号)

『NEWSを疑え!』第1014号(2021年12月16日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆宗谷が初めて南極に行った頃
 ◆65年前、図工で宗谷を描いたら
 ◆海の男の友情──宗谷を救ったソ連砕氷船オビ号
 ◆『われは海の子』の心を忘れない
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
 ・開発が進む米陸軍の汎コロナウイルスワクチン
 (静岡県立大学グローバル地域センター特任准教授・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
 ・増加するロシアのウクライナ侵攻の兆候(西恭之)
◎編集後記
 ・米国は宇宙から弱点に蓋をする

◇◆宗谷が初めて南極に行った頃

Q:メルマガ2021年11月11日号の編集後記で小川さんは、海に囲まれた経済大国なのに、日本は世界有数の海洋国家という自覚がない、と嘆かれています。今回は、これにまつわる話をお願いします。

小川:「先日、NHKで砕氷船『宗谷』とともに南極に行った『海鷹丸』の古い映像を見ました。私が小学生だったころのものです。当時、テレビを見た記憶はないのですが、ラジオや新聞で心ときめかせたことを鮮明に憶えており、無性に懐かしく思いました。ちょうどよいタイミングですから、今回はその話をしましょう」

「私がたまたま見た映像は、12月4日朝のNHK総合『おはよう日本』が紹介した『幻の発掘映像!海鷹丸 南極記』です。10月18日にNHK総合『ひるまえほっと』で放送されたものの編集版(14分)のようですね。どちらも関東甲信越だけの放送なので、ご覧になっていない方が多いかもしれません。現在はNHKプラスで全国どこでも視聴できるほか、NHKアーカイブスサイトの『番組発掘プロジェクト通信』でおおよそのことがわかります」



(小川和久)