『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第61号(2011年11月2日号)

『NEWSを疑え!』第61号(2011年11月2日号)
◎普天間特集(第2回)──政治に翻弄され続けた普天間の真実
・前提条件の確認がなければ、話は進まない
・1999年夏、いったん決着しかけたが
・辺野古の現行案が埋め立てになった本当の理由
◎セキュリティ・アイ:商船の武装警護が日本に投げかける問題(主任研究員・西恭之)
◎ミリタリー・アイ:沿岸海域戦闘艦(LCS)開発は米海軍最大の敵となるか(主任研究員・西恭之)
◎テクノ・アイ:米海軍の無人ヘリ、バイオ燃料を実用化へ(主任研究員・西恭之)
◎今週の言葉:海兵隊の訓練はヘリボーンだけじゃない
◎編集後記:「ヘリポート」が象徴する空理空論

ストラテジック・アイ(Strategic Eye):

◇◆普天間特集(第2回)──政治に翻弄され続けた普天間の真実◆◇

国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川和久

Q:今回は普天間特集の第2回です。前回は、1996年に日米が普天間返還で合意後、具体的な政府案がまだ存在しない段階で小川さんが独自のグランドデザインを描いたこと、防衛官僚や塩川正十郎・自民党総務会長など政治家も賛意を示したこと、ところが梶山静六官房長官が官僚OBに普天間問題を丸投げしてしまったところまでをうかがいました。これが、返還合意から15年間たっても何も変わらない普天間迷走の序章だったわけですね?

小川:「そうです。梶山官房長官が期待し、すべてを託した官僚OBの努力は、結局、実りませんでした。普天間問題はその後、プロジェクトに一枚かんでおこぼれにあずかろうという、どろどろした極めて古い体質の政治に翻弄され、もみくちゃにされていきます。今回は、そんな政治の問題を、小渕内閣時代と小泉内閣時代に起こった2つの出来事を中心にお話ししようと思います」

「ドロドロした政治の問題を話す前に、懇切丁寧かつ理詰めに説明していけば、沖縄の人々にも話は通じる、という現実をお伝えしておきましょう」