『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第63号(2011年11月10日号)

『NEWSを疑え!』第63号(2011年11月10日号)
◎普天間特集(第3回)──原点を忘れなければ、解決は可能だ
・米軍の運用に無知だった日本政府
・着地寸前だった2010年5月の下交渉
・原点に戻り、危険性を除去せよ
◎セキュリティ・アイ:米国の石油自給率が大幅に改善した!その先には?(主任研究員・西恭之)
◎ミリタリー・アイ:原潜を選ぶか、豪州の潜水艦整備計画(主任研究員・西恭之)
◎テクノ・アイ:テロリストの携帯型地対空ミサイルから旅客機を守るには(主任研究員・西恭之)
◎今週の言葉(編集後記を兼ねて):横路ミッション

ストラテジック・アイ(Strategic Eye):

◇◆普天間特集(第3回)──原点を忘れなければ、解決は可能だ◆◇

国際変動研究所理事長 軍事アナリスト 小川和久

Q:今回は普天間特集の第3回です。前回は、自民党政権時代に普天間が政治に翻弄された話でした。埋め立て方式にしたい業者が運動し、有力国会議員までも動かすなか、V字型滑走路が2006年の最終案となり、しかも、少しでも埋め立て土砂を増やそうとズルズル海側に引きずり出されていったと。これに対して、2009年8月末の総選挙で歴史的な大勝を収めた民主党は「県外移設」ということを言い出し、政権交代以前とは違う迷走が始まりました。小川さんは鳩山由紀夫首相から首相補佐官就任を要請され、米国と下交渉を進めており、決着が近かったことは、限られた関係者の間では周知の事実です。何があったのですか。鳩山政権が発足した09年9月から今日までの動きについて聞かせてください。

小川:「普天間問題についての民主党の基本的な立場は、2002年の発表以来2度にわたって改定された『民主党・沖縄ビジョン』に示されています。総選挙の前年の『沖縄ビジョン2008』によれば、『普天間基地の辺野古移設は、環境影響評価が始まったものの、こう着状態にある。米軍再編を契機として、普天間基地の移転についても、県外移転の道を引き続き模索すべきである。言うまでもなく、戦略環境の変化を踏まえて、国外移転を目指す』というものです」

「総選挙直前の09年7月末に出た民主党のマニフェストでは、『緊密で対等な日米関係を築く』という外交の項目に『日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む』と短く書かれているだけで、県外や国外という文言はありません。しかし、普天間飛行場については、自公政権時代に決まった現行案を見直して、県外移転や国外移転を模索することが、事実上、民主党の選挙公約でした