• メールマガジン
  • メールマガジン

報告書

お問い合わせ

メールマガジン

国際変動研究所

お知らせ

『NEWSを疑え!』第9号(2011年5月5日号)

◎銘記せよ! 装備の不備は対策の不在──福島第1原発事故の教訓
・原発に備えるべき装備とは?
・時間をロスしたコンクリートポンプ車投入
・チーム・ニッポンでロボット大国の復権はあるか
◎セキュリティ・アイ:リビア動乱、4万人以上を脱出させた中国の実力(主任研究員・西恭之)
◎ミリタリー・アイ:空母キラー・中国の対艦弾道ミサイルは本当に脅威か(主任研究員・西恭之)
◎今週の言葉:ロボットとロボット3原則
◎編集後記:被災地の消防団員 原発事故検証委員会

『NEWSを疑え!』第8号(2011年5月2日特別号)

◎セキュリティ・アイ:原発事故とお粗末な日本のリスク・コミュニケーション(主任研究員・西恭之)
◎ミリタリー・アイ:ジャスミン革命に手を貸す米空軍の電子戦機(主任研究員・西恭之)
◎編集後記:学識経験者の薄っぺらな意見を超えて

『NEWSを疑え!』第7号(2011年4月28日号)

◎政府は認識すべし──『希望』の創出こそ復興の原動力だ
・自衛隊、消防、警察、海保の第一線──心のケアが必要な段階に
・見捨てられた避難所
・子どもたちの未来は、大人の精神的安定で決まる
・セキュリティ・アイ:米仏ロボット戦争、日本は不戦敗(主任研究員・西 恭之)
・今週の言葉:「希望」
・編集後記:

『NEWSを疑え!』第6号(2011年4月21日号)

◎陸上自衛隊の人員は十分か?──その適正規模を大震災から考える
・部隊増強と逐次投入は異なる。キメ細かい情報収集には課題も
・自衛隊員の士気は旺盛。問題はPTSDよりクライマーズ・ハイ
・陸自の適正規模は25万人。国民の安全のために正面から議論を
◎セキュリティ・アイ:原発事故とお粗末な日本のリスク・コミュニケーション(主任研究員・西恭之)
◎ミリタリー・アイ:ジャスミン革命に手を貸す米空軍の電子戦機(主任研究員・西恭之)
◎今週の言葉:軍隊、自衛隊、適正
◎編集後記:

『NEWSを疑え!』第5号(2011年4月14日号)

◎日本は国境を守れるか
・韓国は竹島に軍隊を置いている?
・尖閣事件の処理が事態を悪化させた
・領土問題の解決には順番がある
・領有権を叫ぶだけでは何も前進しない
・尖閣には自衛隊を駐屯させる
・南樺太と千島列島全島の返還を要求する
セキュリティ・アイ:米ソ冷戦時代と比べた東京の放射線量は(主任研究員・西恭之)
ミリタリー・アイ:原子力事故と軍事組織の限界(主任研究員・西恭之)
今週の言葉:国境
◎編集後記:
1 107 108 109 110 111 112