• メールマガジン
  • メールマガジン

メールマガジン

国際変動研究所

お知らせ

自衛隊員は「捕虜」の待遇を求められるか

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
※第511号(2016年8月4日配信)を再掲載させていただきます。
◇◆自衛隊員は「捕虜」の待遇を求められるか
◆国際法への無知をさらした外相答弁
◆ジュネーブ条約では自衛隊は『軍隊』
◆テロ組織には通用しない『捕虜の身分』

意外に知らない自衛官と官僚の地位

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 意外に知らない自衛官と官僚の地位
◆「俸給表」で見れば一目瞭然
◆ これが自衛官、防衛省、警察庁の指定職
◆ 連携が必要だから知っておこう
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・監視カメラ網に捕まったニューヨークの爆破犯
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・統合されたF-35とイージス艦の防空能力(西恭之)
◎編集後記
・朝日新聞が「抑止力強化」を訴えた

これが米軍の非戦闘員避難活動(NEO)だ

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ これが米軍の非戦闘員避難活動(NEO)だ
◆ 船は使わず韓国から空路で12万5000人
◆ 北朝鮮への「圧力」でもあるNEO
◆ NEOは軍事戦略の一環と理解せよ
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ イスラエル在住米国人の票を狙うトランプ
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・「核搭載可能なB1爆撃機」という深刻な誤解(西恭之)
◎編集後記
・ これがサージカル・ストライクだ

2001年9月11日に行われていた米露核戦争演習の教訓

◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・2001年9月11日に行われていた米露核戦争演習の教訓
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・北朝鮮の核ミサイル開発の到達点(小川和久)

無数にある国際テロ組織

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 無数にある国際テロ組織
◆ 公安調査庁『国際テロリズム要覧』
◆ 注目すべきテロ組織は?
◆ 日本の課題は「予防医学」的アプローチ
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ 米国の警察の発砲基準は軍より緩い?
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 米国が核兵器先制不使用宣言する条件(西恭之)
◎編集後記
・ 衆人環視のもと潜水艦の解体が進む!
1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 112